TOP > 事業概要 > 二次電池 安全性評価・劣化試験 > リチウムイオン電池の外部短絡試験

二次電池 安全性評価・劣化試験

安全性試験 リチウムイオン電池の外部短絡試験

リチウムイオン電池の安全性試験として、外部短絡試験があります。全てSOC100%での試験規格となります。試験規格によって、下記のように条件が異なります。

規 格 対象電池 外部抵抗 試験温度  
UN 38.3.4.5 単セル
組電池
0.1Ω以下 55±2℃ 温度下降後少なくとも1時間保持、
さらに6時間経過観察
IEC62660-2 6.3.1 単セル 5mΩ以下 25℃±2K 試験中の電圧、電流(間隔10ms以下)、
温度、外部抵抗を測定
UL2580 9
UL2271 7
単セル
組電池
5mΩ以下
80±20mΩ
25±5℃
20±5℃
55±2℃
組電池では中央のモジュールが安定後
7時間経過まで放電
SAE 2464 4.5.1 単セル
組電池
Hard short
5mΩ以下
Soft short
10mΩ以下
25±5℃ 1秒以内に短絡し60分保持、
保護デバイスは無効とする
QC/T743-2006 6.2.12.3
6.3.8.3
単セル
組電池
5mΩ以下 20±5℃ 10分間短絡
KMVSS 48.6.5 単セル
組電池
50mΩ以下 20±5℃ 短絡後1時間経過、もしくは電流が
流れない状態が5分間持続で終了
SBA S1101:2011 8.2.1 単セル 30±10mΩ 25±5℃ 短絡後6時間経過、もしくは電池と
周辺温度の差が最大値の20%以下

表中の試験条件全てに対応しております。

外部短絡試験装置
  • ・接続外部抵抗  組電池対応: ~10mΩ、50mΩ、100mΩ
     単セル対応:50mΩ、100mΩ、40mΩとの組合わせ
  • ・試験温度  室温、55℃

試験実施にあたって、条件詳細については、お打ち合わせの上、決定いたします。

印刷用PDF
事業概要