TOP > 事業概要 > 二次電池 安全性評価・劣化試験 > 釘刺し試験

二次電池 安全性評価・劣化試験

リチウムイオン電池の安全性評価 釘刺し試験

内部短絡試験の一種である釘刺し試験では、電池工業会指針(SBA G1101-1997)やFreedomCAR/SAE J2464、中華人民共和国自動車業界標準(QC/T743-2006)などに準拠しつつ、釘材質や釘刺し速度、釘刺し深さ、釘刺し位置などの変化にも対応することが可能です。
単セルの試験では、容器内(写真容器①)の底にセットしたリチウムイオン電池に釘を刺し、発生したガスを全量回収することが出来ます。
回収したガスは、発生量の測定ならびに成分を分析し、各成分ガスの総発生量を把握することが可能です。また、釘刺し状況をその場で観察したりビデオ録画や、温度、電圧変化も記録します。

釘刺し試験装置概要

釘刺し試験装置概要

釘刺し試験装置の入った鋼鉄製チャンバ

釘刺し試験装置の入った鋼鉄製チャンバ 補足図
全景(実験棟A)
全景(実験棟A)
内部
内部

ラミネート電池の釘刺し試験状況を観察

ラミネート電池の釘刺し試験状況を観察

これら一連の試験は、キュービックチャンバと呼ばれる鋼鉄製試験室の中で実施され、安全性を確保しています。同時に、ガス回収が無い場合、チャンバ内で発生したガスを排気する際には、その全量をスクラバ処理により無害化して屋外放出しています。

大型電池や組電池の釘刺し試験にも対応

大型電池やモジュール等の組電池では、内径6m×内高さ7mの円筒形大型鋼鉄製 チャンバ(ドームチャンバ)内に設置した大型釘刺し試験機を使用します。
印刷用PDF
事業概要