TOP > 事業概要 > 二次電池 安全性評価・劣化試験 > 過充電試験

二次電池 安全性評価・劣化試験

リチウムイオン電池の過充電試験

リチウムイオン電池の安全性試験として、過充電試験があります。充電電圧以上の電圧に対する耐久性を評価する試験です。試験規格によって、下記のように条件が異なります。

規 格 対象電池 SOC 温度 充電条件 終了 継続時間  
UN 38.3.4.7 組電池 100% 20±5℃ 推奨充電V 18V以下:
最大充電電圧の2倍 or
22Vの低い方
推奨充電V 18V以上:
最大充電電圧の1.2倍
24時間 試験後
7日間破裂
発火のない
こと
IEC62660-2
6.3.2
単セル 100% 25℃±2K 1It for BEV
5It for HEV
2Vmax or
SOC200%
   
UL2580 8 組電池 0% 20±5℃ 1It SOC200% or
event発生
室温復帰 or 
安定後7時間観察
UL2271 7.2 20±5℃ 5It event発生 or
室温復帰
SAE 2464
4.5.2
単セル 100% 20±5℃ 1C&3C SOC200% or
event発生
 
組電池 1C
QC/T743-2006 
6.2.12.2
6.3.8.2
単セル
組電池
100% 20±5℃ 3I & 9I 3I:5V or 90分到達
9I:いずれかの電池が10V到達
KMVSS 48.6.2 組電池 100% 20±5℃ 32A 32Aで公称電圧の1.5倍まで
その後 CDでSOC150%
又は2.5時間経過
SBA S1101:
2011 8.2.5
単セル 0% 20±5℃ CC(最大充電電流値)にてSOC120%

表中の試験条件、その他の条件にも対応することが出来ます。

ドームチャンバー
リチウムイオン電池の過充電試験 補足図

発生したガスを回収し、発生ガス総量測定や成分分析も可能です。
試験実施にあたって、条件詳細については、お打ち合わせの上、決定いたします。

印刷用PDF
事業概要