TOP > 事業概要 > 二次電池 安全性評価・劣化試験 > 圧壊試験

二次電池 安全性評価・劣化試験

大型リチウムイオン電池の安全性評価 圧壊試験

機械的試験の一種である圧壊試験では、JIS C8712、FreedomCAR/SAE J2464、UL 2580、中華人民共和国自動車業界標準(QC/T743-2006)などに準拠しつつ、加圧板形状、圧壊速度、圧壊方向、雰囲気温度などで独自の変更にも対応することが可能です。
単セルのみではなくモジュールや一部のパックでの試験にも対応することが出来ます。モジュールやパックとして組み立て状態にある複数の電池を、そのまま圧壊することも可能です。試験は全て、排ガス処理用スクラバーを接続した小型のキュービックチャンバー(幅3m×奥行き3m×高さ3m)もしくは下記大型のドームチャンバー内で行いますので、発生ガスや煙の大気放出は、ほとんどありません。どちらも、圧壊状況はその場観察用ビデオで録画をし、さらに温度、電圧変化などを記録することが出来ます。

圧壊試験装置
圧壊試験装置
キュービックチャンバー
キュービックチャンバー
排ガス処理設備
排ガス処理設備
加圧板
加圧板

大型電池や組電池の圧壊試験への対応

大型電池やモジュール等の組電池では、内径6m×内高さ7mの円筒形大型鋼鉄製チャンバー(ドームチャンバー)内に設置した圧壊試験機を使用します。

ドームチャンバー
ドームチャンバー
垂直押し圧壊試験
垂直押し圧壊試験
水平押し圧壊試験
水平押し圧壊試験
印刷用PDF
事業概要