TOP > データ処理にかかる通知

データ処理にかかる通知

皆様のご要望やご指示に応えるためには、一定の個人データを収集し、処理する必要があります。弊社は、皆様に対して次の情報を提供するとともに、もしご質問やお困りのことがございましたら弊社宛にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

弊社は、新たなEU一般データ保護規則(GDPR)を特に考慮しつつ、次の事項を適用します。

1.データ管理者の名称及び連絡先並びにデータ保護に関する窓口

GDPRに基づく皆様の個人データの収集、処理及び利用の責任の所在は、次の者にあります。

株式会社コベルコ科研
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 郵便番号651-0073
電話:078-272-5915、FAX:078-261-7083 URL:http://www.kobelcokaken.co.jp

データ保護に関する窓口は、総務部コンプライアンス統括室です。

2.一般的な情報

弊社は、皆様のデータを、適用される個人情報保護規制に基づいて利用します。弊社が皆様から取得し、保管する個人データに関し、次のとおりお知らせします。また、皆様のデータがどのように、どのような目的で利用され、皆様が当該利用される皆様のデータに関してどのような権利を有することとなるのかについてもお知らせします。

3.個人データの収集及び保管並びにその利用の性質及び目的

弊社は必要に応じて例えば、以下のようなデータを収集します。

氏名
住所
電話番号(固定電話及び/又は携帯電話)
個人用電子メールアドレス及び必要に応じてファクシミリ番号
雇主又はご自身の会社

データの収集が行われる場面は、例えば、以下のような場合です。

皆様が顧客又は顧客になろうとする者であることの確認のため。
皆様とのやりとりのため、及び又は関係維持のため。
皆様のご要望やご指示を円滑に処理するため。
請求書の発行のため。
弊社に対する皆様からの賠償請求に応えるため。
弊社からの(金銭的な)請求権の行使と強制執行を行うため。

データ処理は皆様のご要望又はご指示に基づいて行われます。データの処理は、皆様のご要望の適切な処理と契約に基づく義務の相互の履行のために必要なものです(GDPR第6条第1項(s))。皆様のデータは電子的に収集され又は保存されます。

皆様のお求めの範囲内で弊社が収集した個人データは、法定の保管期間の満了まで保管され続け、その後、消去又は破壊されます。弊社が他の法規制に基づきより長期の保存又は保管の義務を負う場合(GDPR第6条第1項(c))、及び/又は皆様が皆様のデータの長期間の保管又は保存にかかる弊社との契約関係のその後の継続に関して同意し又は弊社に指示を与えられた場合(GDPR第6条第1項(a))、その他の規制に服します。

4.データの第三者提供

皆様の個人データを下記の列挙された目的以外の目的のために第三者(例えば、弊社のグループ企業や外注先をいいます。)に移転することは原則として行いません。データは皆様と弊社との間の契約関係における予定された処理のために必要な範囲に限り、移転されることがあります。明示された目的のために予定された受領者だけが、移転されたデータを利用することができます。もちろん、第三者への移転は、皆様の十分理解を得られた利益のためだけに行われ、皆様と協議の上でなければ行われません。皆様のデータを取り扱う弊社の従業員は、弊社と同様、厳しいデータ保護義務に服し、かかる義務の遵守状況は弊社が定常的に監視しています。弊社が業務を委託することにより、皆様のデータを取り扱う者(「業務受託者」といいます。)に対しては、弊社は、書面により、データ保護義務を課しております。弊社は、業務受託者がデータ保護義務に違反することのないよう監視しており、業務受託者において、万が一にもデータ保護義務に対する違反があった場合には、相応の責任を負わせることとしております。
なお、皆様のデータを海外の第三者に提供する場合には、あらかじめその旨をご説明するとともに、必要な措置を執ることとさせていただきます。

5.データ主体としての皆様の権利

皆様は、GDPR第7条第3項に基づき、弊社に対して一度なされた同意をいつでも撤回することができます。
かかる撤回は、それ以前に同意に基づいて行われた処理の適法性に影響を与えません。撤回は、将来において、同意に基づくデータ処理を継続することができなくなるという結果を導くだけです。

皆様は、GDPR第15条に基づき、弊社が処理した皆様の個人データに関する情報を開示するよう請求することができます。
具体的には、次のような情報の開示を請求することができます。

処理の目的
処理される、又は処理された個人データの類型
皆様の情報が開示され、又は開示された開示先又は開示先の類型
予定されている保管期間
修正、削除若しくは処理の制限、又は異議を述べる権利
監督官庁に不服を申し立てる権利の存在
もし皆様からデータを取得したのではない場合、データの取得元
プロファイリングを含む、自動的な意思決定プロセスの存在、そこに介在する論理原則及びそのような処理が皆様に与える影響度合いやその範囲に関する有意義な情報

皆様は、GDPR第16条に基づき、遅滞なく、皆様に関する個人データの誤りを修正するよう弊社に求める権利や、もし完全でない場合、完全な個人データを弊社に保管するよう求める権利を有しています。

皆様は、GDPR第17条に基づき、弊社が保管する皆様の個人データの削除を求める権利を有しています。ただし、もし皆様のデータの処理が表現及び情報伝達の自由の権利の行使のために必要である場合で、次のときは、この限りでありません。

法的義務を履践するため
公衆衛生の分野における公共の利益上の理由のため
公共の利益における保管の目的、科学的又は歴史的研究の目的又は統計上の目的のため
法的請求権にかかる請求、攻撃又は防御のため

皆様は、GDPR第18条に基づき、皆様の個人データの処理を制限することを求める権利を有しています。ただし、次の場合に限ります。

当該データの正確性が皆様により争われているとき
当該処理が違法であるものの、皆様が当該データの削除を拒否し、代わりにデータの利用の制限を求めたとき
弊社が当該データを必要としないものの、皆様が法的権利にかかる請求、攻撃又は防御のために必要とされるとき

皆様は、GDPR第21条に基づき、処理に異議を述べる権利を有しています。

皆様は、GDPR第20条に基づき、弊社に提供された個人データを、構造化され、一般的に利用され、機械により読み取り可能な形式で受け取る権利を有しており、かかるデータを次に責任を負う第三者に移転するよう請求する権利を有しています。

皆様は、GDPR第77条に基づき、監督官庁に不服を申し立てる権利を有しています。

皆様は、一般に、皆様の普段の居住地、勤務地又は弊社の事務所における監督官庁に連絡することができます。

6.異議を述べる権利

皆様の個人データがGDPR第6条第1項(f)に基づく正当な利益の目的に基づき処理されている場合、皆様の固有の状況に応じた理由が存在する限り、皆様にはGDPR第21条に基づいて処理に異議を述べる権利があります。

もし皆様が異議を述べる権利を行使されるときは、下記メールアドレスへ電子メールにてご連絡ください。

電子メール:info@kki.kobelco.com