TOP > 事業概要 > 材料試験 > 100kN低サイクル疲労試験機

100kN低サイクル疲労試験機

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 試験装置外観

概要

本装置は高周波誘導加熱装置を備えた電気油圧サーボ式疲労試験機で、高温部材の評価に必要な高温低サイクル疲労試験が可能である。

仕様

・型  式: 島津製作所製100kN疲労試験機
・試験環境: 大気中 室温~1200℃
・最大荷重: ±100kN(動的) ±150kN(静的)
・ストローク:±25mm
・制御波形:  サイン波、三角波、矩形波、任意波形
・低サイクル試験ソフト:ASTM E606-80に準拠

試料

・対象材料:各種金属材料
・試験片の寸法:最小φ5×70L 最大φ25×200L

特徴

・高周波誘導加熱装置を備えた、低サイクル疲労試験機である。
・チャンバーの装着により真空中の試験にも対応可能でである。(1台)

実施例

・耐熱合金材料、アルミ合金材などの低サイクル疲労試験

関連受託商品

事業概要